レイクアルサの審査は甘いのかについて

最近では就職先としての人気高いようなので消費者金融レイクアルサ業界の知られざる業務内容や労働条件を詳しく解説していきましょう。

まずは業務内容を紹介します。

主な業務内容は債務者の個人データをパソコンに入力管理し、返済が滞っている人に対し督促のお知らせを通知します。

就職するにあたり、絶対に取得しておくべき資格はありませんが店長(責任者)に昇格するには貸金業務取扱主任者の資格を取得しなければなりません。

気になる年収ですが大卒の初任給で20から30万円程度でノルマ達成などの成果を上げるとボーナスという形で評価されます。

いくつもの消費者金融から借金をしている人は多重債務者と言ってどこからも融資をしてもらえない可能性があります。

飲み会やセミナーでお金を使いすぎてしまったなど予定外の出費が重なると、次の給料日まで生活費が足りないということがあると思います。

そんな時の強い味方がカードローンです!カードローンならネットから簡単に申し込みができ担保や保証人もいらないので手軽に借り入れることができます。

最初は躊躇してても、一度カードローンを利用してみると手軽に現金を手にすることができるので自分の口座から預金を引き出す感覚で、どんどん借金を重ねてしまう人も多いようです。

そんな調子で利用していると、あっというまに限度額に達してしまうため他の金融業者に掛け持ちすることになりますから注意して下さい。

カードローンとは審査によって貸出限度枠が設定されその範囲内であれば何度でも借入や返済が可能と言うレイクアルサのキャッシングローンです。

決められた日時の借入残高に対して利子が計算されて毎月の返済日に引き落としをされる約定返済が基本の返済方法です。

引き落される金額は借入残高によってランク分けされて決まっておりその金額の範囲内で利子を引いた後の金額が元本の返済に充てられるという仕組みです。

そのため、利息の計算日までにできるだけ元本を少なくしておくことが利息を安くする有効な方法となります。

ローンの返済には約定返済以外に繰り上げ返済と言う方法があり多くの収入を得たときなどにある程度まとまった額を返済することで効率良く元本を減らすことができます。

カードローンの申込方法はいくつかあり一般的には、郵送、電話、インターネットによる申し込みが可能です。

郵送の場合は、店舗や電話オーダーで申込書を入手して必要事項を記入したら、返送し審査結果を待つだけです。

見事、審査に合格したら、本人確認証明書や取引口座などの必要資料のコピーを同封して送ると契約手続きが行われて、ローンカードが郵送されてきます。

一方、パソコンやスマホからのネット経由の申し込みでは消費者金融のサイトから申込フォームで申請するだけでOKです。

審査通過メールが届いたら記載されているサイトへアクセスして必要書類をカメラで撮影してアップすれば審査完了となる「web完結」が主流です。

住宅ローン等、金額が多いローンには保証人や担保が必要ですがカードローンや少額ローンは無担保ローンです。

住宅ローンは借り入れ額が多く返済も長期に渡るため返済期間中に返済不能と言った事態を招かないよう入念に審査する必要があります。

一方、カードローンやクレジットカードなどといったローンは住宅ローンほど大きな融資にはなりませんし、返済期間も比較的短期です。

そのため、個人信用だけで借り入れすることが可能ですし保証人や担保を設定する必要がないのです。

何より、保証人を立てて審査をすると時間がかかってしまうためレイクアルサのカードローンの良さとされるスピード感の魅力がなくなってしまいます。

消費者金融は貸金業という法律がありますので銀行を規制する銀行法とはまた別の法律の適用となります。

金融業において貸金業法と銀行法の一番大きな違いは貸金業法には総量規制という融資金額の制限があることです。

総量規制というのは、年収の三分の一を超える金額の融資を禁じているものでこの規制によって、利用者の借り過ぎを抑止する効果を目的としています。

従って、収入がゼロの専業主婦は消費者金融レイクアルサに申し込んでも仮審査の段階で落とされてしまいます。

一方、銀行は銀行法によって規制されていますから総量規制がなく、専業主婦の方でも借入可能となっています。

普通、消費者金融のレイクアルサのキャッシングの金利というと銀行カードローンよりも高金利と言われています。

消費者金融レイクアルサのキャッシングの適用金利は3.0%から18.0%を設定していることが多いのですが銀行カードローンは1.9%から14.5%(楽天銀行)なので金利の低さは一目瞭然です。

消費者金融の最大貸出限度額は500から800万円となっていることが多いのですが銀行カードローンは一部の銀行を除いて800から1 200万円と限度額も高額です。

参照:レイクアルサの審査は甘い?厳しい?即日審査の窓口【スマホ対応】

ですが、銀行カードローンの場合は事業用資金に使えないといった制約がありますが消費者金融のレイクアルサのキャッシングの場合は事業用資金OKとされていることが多いです。

又、銀行カードローンの場合は同行に口座を開設するなどの条件が付きますが消費者金融の場合は預金機能がありませんので、面倒な条件もありません。

消費者金融レイクアルサというと借りる時はすぐ貸してくれるけど返済が遅れると毎日取り立てにやってくるというイメージを持つ人は多いと思います。

昔は、法律無視の強引な取り立ても多く社会問題にもなっていましたが近年は法律が改善されたことにより、そのようなことはありません。

金利は銀行カードローンと比べると若干高いのは否めませんが提携ATMの数は銀行に勝っています。

借入や返済もコンビニなどで手軽に行えますしATM手数料が無料というところが多いので銀行カードローンよりも便利だったりします。

また、レディースローンを提供している消費者金融もあるので女性の利用者も増えています。

消費者金融と言うと堅気じゃないと思われがちで怖いというイメージを持つ人がいまだに多いですよね。

バブル崩壊期は暴力的な取り立てや時間などお構いなしに自宅へ押しかけ恫喝をしたり乱暴な取り立て行為が横行していました。

近頃は法律が改正されたことによって銀行傘下に入る企業が増えましたのでブラック企業の面影はなくなっていると言えるでしょう。

最近では、テレビやラジオのCMに今和田の人気タレントを起用したり借金を感じさせない爽やかな内容でイメージアップに成功しています。

一方で内容がイメージ戦略に偏りすぎているCMも多く意味不明とか何のCMだか分からないという不満の声もあがっています。

現在の消費者金融のイメージはクリーンなイメージを抱かれている方も多いかと思いますがバブル崩壊の頃はサラ金や街金と言われる、いわゆるウシジマくんのような世界でした。

当時はバブル経済によって金銭感覚が狂ってしまった人が増加し簡単にお融資してくれる街金で借金を繰り返す人が増えてしまい社会問題になったほどです。

借り入れたお金には利息をつけて返済する義務があるのですが気軽に借金する人ほど目先の事しか考えていませんので返済できるわけがありません。

一方で、貸した側のサラ金や街金は返済してもらわないと損益が出ますからかなり暴力的な手段で取り立てを行っていました。

今は法律が整備されたことにより乱暴な取り立ては禁止されていますので以前のように怖い人が自宅まで押しかけてきて借金を取り立てるようなことはありません。

お金を融資してもらうことができる金融機関には銀行の他に、クレジットカードでのレイクアルサのキャッシングなどがありますね。

昔は銀行からお金を借りるためには複雑な手続きが必要で融資までに時間がかかりましたが近年は銀行でもカードローンが取り扱われているので短時間で借りられるようになりました。

金融機関はお金を貸して利子を付けて返済してもらう事で利益を獲得しています。

銀行と消費者金融の金利を比較した場合、消費者金融の金利の方が高いことが多いと思います。

とはいえ、中には金利が高い銀行カードローンもありますのでまんざら消費者金融のほうが高金利とは言えません。