住宅ローンの固定金利と変動金利の特徴は?

住宅ローンを申し込む際に重要になってくるのが、固定金利を選ぶか変動金利を選ぶかという選択です。
どちらを選んでもそんなに変わらないじゃん...と思う方もいるでしょう。
しかし、これが10年20年と長期にわたると単純なコストで済まされない額になってしまうのです。
今、現在の状況だけでなくこれからの将来性や返済におけるリスクについてもしっかりと考えなければなりません。
固定金利の特徴は、景気に左右されることなく金利を一定に固定することが出来る点です。
ただし変動金利よりも基準が高く設定されています。
これに対して変動金利は、現在のように景気が低迷している場合には低い金額で済みますが、金利が上昇するとその分リスクが大きくなるという欠点があります。
以上の二つの特徴を抑えた上で、安いだけの金額ではなくリスクも考慮した上で検討してみてはいかがでしょうか。
三菱東京UFJ住宅ローンタイプ別金利!優遇処置比較!【どれだけ得?】