将来に備え住宅ローンを検討する

将来に備え住宅のご購入を考えていらっしゃる方も多いと思います。
購入に当たりまず必要なのは住宅ローンです。
新生銀行の住宅ローンはネットバンク・銀行・信用金庫などの金融機関から申し込みが出来ます。
新生銀行の住宅ローンには金利・審査・諸費用がかかります。
審査にかかる時間は約1週間ほどです。

金利の決定は契約を結んだ月の金利になります。
諸費用は借りる額によって人それぞれですが、少なくとも数百万単位を考えておいた方が良いです。
住宅を購入を考えても、実際自分の物になるまでこれらの用を済ませて行かないといけません。

すべての契約が終わるのはだいたい3?4カ月後だと言われています。

住宅ローンを組む際はまず、どの金融機関に融資を申し込もうかという事を決めないといけません。

例をあげると、銀行や労金、ネットバンクなど住宅ローンを承れる金融機関は数多くあります。

金融機関ごとの住宅ローン審査の違いは特に大きな物はありませんが、店舗が存在しないネットバンクは、取引をすべてネット上で行う事になります。
わざわざ店舗に行かなくて良いのでとても人気があります。
また店舗がない分、経費削減ができ金利が低いのも特徴です。

ネットバンクは月の支払いを少しでも少なくしたい方や忙しい方におすすめの住宅ローンです。
住宅ローンを組むには、銀行や信用金庫などから審査を受ける必要があります。

住宅ローンは長い月日返済し続けないといけないので、審査はとても慎重に行われます。

審査の合否は一週間前後かかり、電話か口頭で伝えられます。
審査結果によっては、残念ながらローンを組む事は出来ません。
審査に通れば、本格的な契約に移ることができます。

この契約の時には、銀行から指定された書類をすべて揃える他実印、諸費用などすべて用意しておくと良いです。
諸費用は借入する額によって変わってくるので、事前に銀行側から指示されます。

たいていの場合、数十万?数百万単位の金額が指示される様です。

新生銀行の住宅ローンの支払いをされている方の中には借り換えをご検討中の方もいらっしゃるでしょう。
借り換えとは、他の金融機関の新生銀行の住宅ローンを組み直す事です。

借り換えをすると、返済額が減る事もあります。
ですが、借り換えをしたからといって誰にでもメリットがある訳ではありません。

なぜなら、借り換えにもそれなりの金額がかかるからです。

無料で借り換えが出来る金融機関はほとんど0でしょう。

借り換えを検討する際はそういった諸費用も含め返済シュミレーションなどを利用し借り換えをした場合メリットがでるのかどうか、事前に調べると良いです。

毎月のローンの支払額を低くしようと思い、住宅ローン借り換えを行うことがあります。

では、その場合、今契約している火災保険はどうしたら良いのでしょうか。

現在借り入れているのが旧公庫ローンの場合は借り換えても特約火災保険を継続できます。

また、旧公庫ローンから民間ローンへ借り換える時は別の保険に加入することもできます。

もし、継続するのなら保険金の見直しを行いましょう。

住宅再建に必要な保険金をきちんと受け取るには、保険金額が適切な金額になっている必要があります。

火災保険はほったらかしになりやすいので借り換えを機に見直してはいかがでしょうか。

様々なローンを検討する際、必ず確認するのが金利です。

その際、悩みの種が金利が固定か変動かではないでしょうか。

金利だけを気にすると変動の方が低く設定されていることが多いですがしかし、変動制では多くの期間で半年ごとに金利が変わり場合によっては、固定制の金利よりも高くなってしまい、支払額が想定以上になってしまうなど計画が立てにくい面もあります。

住宅ローン借り換えを行う場合はおそらく変動を選ぶことになると思います。

固定の場合では、ローン期間中ずっと同じ支払額になるので返済計画を立てやすい、急な金利上昇が起きても心配ないという長所もあります。

他にその中間とも言える1年間などの期間が借りられた固定制というものもあります。

今のローンよりも金利の低いローンを組む住宅ローン借り換えですが、申し込みを行うに際して色々と必要なものがあります。

その際、準備する書類は大きく分けて3種類に分類されます。

1つ目は現在の住宅ローン返済予定表などの自宅で保管しているもの、2つ目は役所や勤務先で取得できる課税証明書などの書類、3つ目は重要事項説明書などの不動産業者や法務局で取得できる書類になります。

勤務先で取得する源泉徴収票などは比較的用意しやすい部類ですが登記簿謄本や売買契約書などは普段見慣れないのでわかりにくいのではないでしょうか。

金融機関によっては必要な書類が変わってくるのでもっと多くの書類が必要になることもあるのでよく確認しましょう。

住宅ローン借り換えに関してインターネットで調べていると気になる事実を発見しました。

それは、現在住んでいない住宅の場合は住宅ローンを借り換えられないということです。

どういった場合にそういった事態が起きるかというと転勤することになって賃貸料と二重になってキツイので、今よりも金利が低いローンに借り換えをして支払額を抑えようと思ったときです。

なぜ新しく組めないかというと、住宅ローンという制度は自身の居住のための資金を対象にしているからです。

そのため、いろいろな金融機関を探しても借り換え前よりも良い条件のローンは見つからない・組めないと思います。

他にも離婚が原因で別居する際なども同様のことが言えます。

ほとんどの利用者が得すると言われる住宅ローン借り換えですがローンの借り換えはいつから可能なのでしょうか。

最短はわかりわからず半年から行っている場合もあるようですが、例えば、フラット35の借り換えを利用する際の条件として、申込日前日までの1年間返済を問題なくできている方という項目があり、他の銀行もほぼ同様の審査基準になっていると考えたほうが良いです。

参照:新生銀行の特徴は?住宅ローン借り換え研究!【他にないメリットって?】

また、住宅ローンの借り換えには手数料などの費用が必要になったり担保となる住宅が中古物件になることから審査が通りにくくなります。

新規の借入時よりも今の金利が下がっていればメリットはありますが、最低でも1年間返済をした後に検討しましょう。

最近、ネットバンクなどを中心に非常に低い住宅ローン金利を設定している場合があり、住宅ローン借り換えを行う人も多いのではないでしょうか。

その際、夫婦でローンを組んでいるケースでは相続税に注意が必要です。

どういった場合にこんな状況が起きるかというと最初にローンを組んだ時に夫婦共有持分として契約していたのが実態は夫が全額返済している場合に借り換え時に単独名義にしなければいけないことがあります。

こういった連帯債務から単独債務への借り換えには金利以外の税負担が発生する可能性があるため、税理士や金融機関に相談してください。

相談した結果、不動産登記などの借り換え費用と贈与税の負担を比べて借り換えを行わないほうがいい場合もあります。

住宅ローン借り換えとは、借り換え先の銀行から融資を受けて、現在借入中の銀行に完済することで債務を別の銀行に移すことです。

借り換えに関しては借入中の銀行の許可は必要ないので理論上では何度でも借り換えが可能になっています。

ただ、現実的には多い人でも3回くらいまでになります。

その理由としては、借り換えメリットがあるから行うのででは、どんな時期に借り換えをするのがベストなのでしょうか。

また、住宅ローン金利は予測ができないので借り換えを行うべストな時期というものはなくなぜかというと住宅ローン金利が今後どうなるのかは経済の専門家でも予測不可能だからです。

そのため、借り換えメリットが月収以上の金額になったときがオススメのタイミングです。

住宅ローンの返済で大変というと人の中には住宅ローン借り換えを行なって利息を減らそうと思っている人もいるのではないでしょうか。

その際に、新しい住宅ローンを探すことになりますが金利が低い以外にどんなメリットがあるのでしょうか。

具体的に考えてみましょう。

ひとつ目は保証料がかからないことです。

保証料がかからないこともメリットの一つです。

保証料は金利に換算すると「毎年0.2%くらい」と言われ、一円から返済できる、といったことが大切です。

一番大切と言われているのが繰上げ返済が簡単で手数料が無料なことです。

繰上げ返済を進めれば進めるほど元本も利息も減ります。

家計を圧迫するとよく相談のある住宅ローンですが返済額を減らすために今組んでいるローンの金利から変えて毎月の支払額を減らしたいと思いますよね。

ただ、金利だけを理由に変えるのはやめましょう。

住宅ローン借り換えは通常のローン借り換えとは異なり登記などいろいろな費用が発生しますので、かかる費用も計算したら変えるほどのメリットがない場合もあります。

シミュレーション時にメリットがあるかを確認してから行いましょう。

借り換えを実行する判断基準としてよく言われているのが、借り換えメリットが月収を越した時です。

1度組んだ住宅ローンを別の住宅ローンにする住宅ローン借り換えですが1度審査に通ったから借り換えも大丈夫と楽観的な人もいるようです。

しかし、借り換えの審査に通らない場合もあります。

職場や年収に変更がなければほぼ審査に通りますが転職して全然違う職種になっている、年収が下がっている場合は要注意です。

特に年収が変わっていなくても最初の住宅ローンの申請時は新築扱いだった物件の評価が中古物件扱いになり予定していた金額で借り換えができない場合もあります。

他にはカードローンや自動車ローンなど別のローンを複数抱えている場合も年収は変わっていないのに以前よりもローン返済額が増えていると審査で引っかかる可能性があります。

住宅ローンを利用している際にメリットの大きい住宅ローン控除ですが住宅ローン借り換えを行った場合、控除はどうなるのでしょうか。

住宅ローン控除とは10年間にわたって年末の住宅ローン残高の1%が所得税額から戻ってくる制度です。

借り換え時に控除のメリットをフルに活用できるようにすることが重要なポイントとFPの方も言っています。

控除をフルに受けるには、返済期間を10年以上にすることや金利1%未満なら繰上げ返済を行いことなどがあります。

ローン控除では1%の所得税が還付されることになるので金利が1%未満の場合、戻ってくる所得税よりも支払っている金利が大きくなります。