健康保険の手続きは早めにするのが肝心です

保険料と言うものは、世帯あたりの平等割額とか、加入者1人にかかる均等割額とか、所得に応じる所得割額、あと固定資産税に応じる資産割額などを加味して算出しているものになります。
更に40歳以上になると介護保険料も上乗せされていきます。
ですから、一緒に納付しなければいけませんよね。
<国民健康保険の保険料について>これは加入する資格が生じたその月から支払いを開始するようになります。
これは無駄です。
保険料については、資格が生じた月に遡って請求されるからです。
そのため同じ事と言えます。
逆に保険証を手に入れるまでの間に病院へ行くと、医療費が全額自己負担になってしまいます。
その為、その方が大変だと思いますよ。
(汗)更にやめる時にも手続きが遅れると、新しい職場での健康保険と国民健康保険が二重払いになってしまうことがあります。
ですから、早く手続きしなければいけませんよ。
その間に医療費を使うと返金しなければいけない事もあります。
<保険料の支払い方法について>それか口座振替となっています。
※ あと市区町村のコンビニ支払いが可能な所もあります。
※ それから14日以内に担当窓口で手続きしなければいけませんよ。
市区町村にある「国民健康保険課」、あるいは「保険年金課」などの担当窓口へ行きます。
そこで早急に手続きをしてくださいね。
(笑顔)