東京スター銀行住宅ローン借り換え費用は?

住宅ローンの借り換えに関する諸費用には、抵当権や税金、印紙などの法律上の手続きにかかる費用以外に銀行に支払う費用もあります。

一般的にかかる費用としては、借入れる際の事務手数料、保証料、団体信用生命保険加入料などがあります。

それぞれの費用の相場は、事務手数料は大手都市銀行では31,500円のところが多く、ネット銀行の場合は融資額の2.

1%というところが多いようです。

保証料は融資金額の0.

2%が相場と言われていますが、無料の銀行も増えてきました。

団体信用保険料は民間の銀行では無料なところが多いです。

では、東京スター銀行の場合は?まず、事務手数料は108,000円、保証料は無料です。

しかし、団体信用生命保険料が融資額の0.

25%かかってしまいます。

これでは、保証料がかかる民間銀行よりも0.

05%も割高になってしまいます。

1度組んだ住宅ローンを他のローンにする住宅ローン借り換えですが1度組めたから借り換えも大丈夫と楽観的な人もいるようです。

しかし、場合によっては借り換えの審査に落ちることもあります。

職場や年収に変更がなければほぼ審査に通りますが転職した場合や年収が下がっている場合は要注意です。

年収や職場が変わっていなくても最初のローン審査時よりも物件の評価が中古物件扱いになり予定していた金額で借り換えができない場合もあります。

他に注意するのは最初の申し込み後にカードローンなど別のローンが増えている場合です。

この場合は以前よりも年収に対してローン返済額が増えているので審査で引っかかる可能性があります。

住宅ローン借り換えとは、借り換え先の銀行機関からお金を借りて、現在借入中の銀行機関に完済することで債務を借り換え先に移すことです。

借り換えに関しては借入中の銀行に話す必要はないので理論上、何度借り換えを行なっても問題はありません。

ただ、なにかしらのメリットがあるから借り換えを行うわけです。

では、どんな時期に借り換えをすると良いのでしょうか。

3回も行えば十分低金利なところからkリテいる形になるからです。

なぜかというと住宅ローン金利が今後どうなるのかは予測不可能だからです。

そのため、借り換えのタイミングとよく言われているのが借り換えメリットが月収以上の金額になったときです。

住宅ローン借り換えに関してインターネットで調べていると気になる事実を発見しました。

それは、現在住んでいない住宅の場合は住宅ローンの借り換えができないということです。

どういった場合にそういったことが起きるかというと転勤することになって転勤先での賃貸料と二重になってきつい、金利が低くなったから借り換えをして支払額を少しでも抑えようと思ったときです。

なぜ借り換え不可能かというと、住宅ローンという制度は自身・家族の居住のための住宅取得資金を対象にしているからです。

そのため、他の金融機関を探しても現在のローンよりも良い条件の金融商品はなかなか見つからないと思います。

離婚で別居する際なども家族扱いにならないので同じことが言えます。

皆さんは住宅ローンを申し込んだ際に頭金を支払いましたか?中には頭金を払わずに組む人もいるかもしれませんがそうすると毎月の返済額が高くなります。

そういった場合に返済額を減らそうと住宅ローン借り換えを検討すると思います。

「1度ローンを組めたから借り換え審査も大丈夫」と考えている方もいるようですが審査に落ちることもあります。

借り換え時の審査では、最初に申し込んだ審査の時よりも物件の担保評価額が中古扱いになり価値が下が流ので予定していた金額で借入れできないことや住宅ローン以外に複数のローンを抱えている場合も危険です。

年収や職場が変わらなくてもこういった面で引っかかることがあります。

憧れのマイホームを購入する際には多くの人が住宅ローンを利用します。

でも、毎月の返済が多くて大変という方もいるのではないでしょうか。

そんな時に検討するのが住宅ローン借り換えを行うことです。

ただ借り換えのメリットを受けたいということを考えると当然、今借りているローンよりも金利が低くなる必要があります。

その際の判断基準となるメリットの計算方法に関しては各銀行でシミュレーションを用意しているのでどこがお得になるか参考にしてください。

ただ、計算する際の注意点として、シミュレーションを使って30万円くらい利息が減ったから借り換えようと思うと登記などの経費計算を忘れていてそんなに得にならなかったということもあります。

現在のローンよりも金利の低いローンへ変更する住宅ローン借り換えですが、申し込みを行うに際して色々と必要なものが多いです。

その際、必要な書類は大きく分けて3種類に分類されます。

1つ目は現在の返済中の通帳の写しなどの自宅で保管しているもの、2つ目は役所や勤務先で取得できる所得証明などの書類、3つ目は不動産業者や法務局で取得できる登記簿などの書類になります。

勤務先などで取得する書類は比較的見慣れているのでどんなものかイメージしやすいですが土地公図などは普段見慣れないのではないでしょうか。

ここに挙げたのはほんの一例なので実際に借りる金場合は別の書類が必要になることもあるのでよく確認しましょう。

住宅ローン借り換えを行うにあたり色々な手続きが必要です。

一例としては、抵当権設定・抹消登記などです。

登記手続きなどの実務自体は司法書士がやってくれますが司法書士を選択する権利が申込者側にあるので金融機関次第では自分で選ぶことも可能です。

参照:イオン銀行住宅ローン借り換え諸費用はいくら?【イオンの中の銀行!】

借り換えを行う多くの方はお願いする司法書士の知り合いがいないのが普通だと思うので金融機関側が指定する司法書士が行うことも多いです。

司法書士を選択できるかどうかは金融機関へ確認してください。

他に用意する書類も多く時間もかかるので借り換えメリットが少ないと思ったら行わないという決断もありです。

住宅を購入する際に利用したい住宅ローン控除ですが実は住宅ローン借り換えを行なった後でも要件を満たしていれば利用できます。

しかし、この制度を利用するには勤め先で年末調整をしていた方でも、確定申告を行う必要がありますので気をつけてください。

その際、必要書類が多いので余裕を持って準備を始めましょう。

借り換え時でも継続できる条件としては、当初の住宅ローン返済のためという内容と借り換え後の借入期間が10年以上になっているかという2つです。

基本的に借り換えを行う理由としては借金を返すためではなく金利を見直すためなので状況が大きく変わっていなければ適用可能なことが多いです。

家計の悩みになりがちな住宅ローンの返済ですが今組んでいるローンの金利よりも低いローンが見つかったらそちらに変えたいですよね。

変える際、金利だけを理由に変えるのはやめましょう。

住宅ローン借り換えはフリーローンなどの借り換えとは違い登記などで様々な費用がかかってしまうので、費用を計算したら逆に損してしまうということもあります。

そのため、web状の借り換えシミュレーションを利用してメリットがあるかを確認しましょう。

借り換えを行うのによいタイミングとして言われているのが、借り換えメリットが月収よりも多い時です。

最近、ネットバンクなどを中心に非常に低い住宅ローン金利を設定している場合があり、住宅ローン借り換えを行う人も多いようです。

その際、夫婦でローンを組んでいるケースでは相続税に注意が必要です。

どういった場合に問題が起きるかというと最初にローンを契約した時に夫婦共有持分としていたのが実際は夫が全額返済しているので借り換え時に単独名義になる時に発生します。

こういった連帯債務の借り換えを行う場合は金利以外の税負担が起きる可能性があるため、税理士や金融機関に相談してください。

場合によっては、不動産登記などの借り換えにかかる費用と贈与税の負担を比べて借り換えをしないほうがいい場合もあります。

いきなりですが皆さんは住宅ローン借り換えを行ったことがありますか?多くの人は経験していないと思います。

借り換えをする際の流れを確認しましょう。

まずはじめに行うのは、現在のローンを再確認することです。

銀行機関のサイトにある借り換えシミュレーションで毎月の支払い額や総支払額を確認してみましょう。

シミュレーションして借り換え用と思ったら次は銀行選びです。

金利だけでなく、手数料などの諸費用を見て自分に合ったローンを選びましょう。

条件に合う銀行が見つかったら次は審査です。

複数の銀行から融資OKをもらったら条件のいい銀行にしましょう。