家出調査を探偵に依頼する前に知ってほしいこと

家出調査などを探偵に頼む際に業者を間違えると色々な問題が発生することがあります。

一例として、「発見率98%以上の実績!完全成功報酬制」という広告を見て依頼したところ、いい加減な調査をされてしまうことなどです。

所在を確認したと連絡を受けて行ってみたら明らかに空室だったという話もあります。

その人の場合では再度、探偵に連絡をして聞いたところ「尾行調査ではないから撮影する必要がない」と証拠写真も調査方法も教えないという状態でした。

こういったトラブルに巻き込まれないように成功率が不自然に高い数字の場合は注意することや証拠写真などを撮影して見せてくれるかを確認しておきましょう。

少し前に探偵ものの作品を見ていたときにふと疑問に思ったことがあります。

それは実際の探偵業ではどんな仕事をやっているのかという疑問です。

同じことを考えている人は多いのかネット上にその疑問を解決するランキングが見つかりました。

実際に行なっている仕事ランキングの1位は浮気調査のようです。

1分単位で対象者の行動を記録し、いつ・どこで・誰と・何をしていたかを調べます。

浮気調査の調査報告書は証拠としての信頼性が高く離婚調停などの裁判になったときに有利になります。

次に多いのが家出調査です。

家出とついていますが友達などの行方不明者探しも含まれます。

家出するのが多い年代は10代・20代という話もあり、その理由としては受験の失敗や怒られてというのが多いようです。

この前、驚いた話を探偵の方がしていました。

それは、毎年8万人以上の行方不明者がいるという話です。

これは警察に届けられた件数なので実際はその何倍にもなると言われています。

早く探し始めることが重要とされ、緊急性の高さや失踪要因から探し方を選ぶ必要があります。

家出調査と同じく、まず最初に行う必要があるのは通帳や印鑑、数日分の着替えなどがなくなっている場合は意図的な家出であると考えられます。

最近では、昔ながらのビラ配りと並行してSNSを活用して探す場合も増えています。

もし、誘拐や遺書などが見つかった場合は警察に届け出をしましょう。

全国に拠点を構えている探偵事務所では人海戦術を使うこともできます。

家出した人や行方不明者を探偵が探してくれるサービス、家出調査とは一体どんなことを行うのでしょうか。

自分で探しても見つからず、警察に届け出ても一向に自体が進展しないという場合が多くあります。

家出する原因で多いものは「受験の失敗」や「借金」などが挙げられますが家出人の行方がわからないと原因を解決できません。

また、見つけるのが遅くなるほど事件に巻き込まれる可能性が高くなります。

そのため、早く見つけることが重要とされており、調査ができます。

また、家出してから期間が空いていない場合は、また、失踪から期間が空いていない場合は、警察犬を育成している事務所もお勧めできます。

現在の連絡先がわからない相手を探したい、というときにみなさんはどうしますか?多くの場合は探偵事務所の利用になります。

警察では事件性の高いと判断しない場合あまり動いてくれません。

そうすると検討するのが家出調査が得意な探偵への依頼です。

お金を貸した相手が失踪してしまってどこにいるかわからない、場合によっては時間や人手がかかります。

携帯会社や役所などに住所などの情報を開示してもらえばいいんじゃないの?と思う方もいらっしゃると思いますが基本的に教えてもらうことは不可能です。

浮気の確実な証拠がある場合の慰謝料請求相手の情報を知りたいなど、といった例外な場合のみ弁護士から開示請求ができます。

近年の人探しではアプリの活用が増えています。

これは親族の家出調査でも役立ちます。

例えば、iPhoneに最初から入っている「iPhoneを探す」機能や「友達を探す」機能を使うとGPS位置が取得できて今どの辺にいるかわかります。

ただ、相手側がGPS位置の取得を許可していないと有効とは言えません。

他にも盗難防止のアプリなどでも現在地情報の取得ができます。

盗難防止系のアプリはPCからスマホへ遠隔ロックをかけたり間違った情報が載っている場合もあることや個人情報が悪用される恐れがあることです。

ネット上には誤りの情報があることを念頭に入れて使わなればいけません。

家出人探しを行う際の手順を家出調査のプロである探偵に聞きました。

まずは家出状況の確認など情報を整理しましょう。

例えば、家出時間がいつ頃か、そのときの持ち物はなんだったのかなどです。

家出時間が朝早くだった場合は計画的な場合が多く、電車やバスを使って遠方に向かう場合があるようです。

夜の家出は逆に近場の友人宅などが行き先になっていることが多いようです。

家出当日の朝など直前の服装が分かっている場合は忘れないうちにメモをしておきましょう。

また、持ち服をある程度把握している場合では、どのくらい服を持っていったかで長期の計画かどうかを推測できます。

家族や友人が行方不明になった人は毎年8万人以上いるそうです。

これは届出が出ている件数なので実際はその倍以上と言われています。

家出調査を探偵へ依頼すると料金が発生しますが高額になるケースやできるだけ安く抑える方法はどういったものがあるでしょうか。

依頼前に高額になりそうだと思われるケースが探したい人がうつ病や認知症を患っている場合や行方不明になってから時間が経過している場合などです。

人探しの難易度については依頼前に無料相談を活用して聞いておきましょう。

料金を安く抑える方法のひとつとしてはとにかく情報の提供をすることです。

例えば、探したい人の身体的特徴や失踪の原因と考えられることなどです。

普段、使わないサービスってありますよね。

例えば家出調査を行う興信所への依頼などです。

でも家族が失踪するなどがあったら使うことになるかもしれないですよね。

その際に気になるのは料金相場がどうなっているのかではないでしょうか。

1回の人探し調査の相場は50から80万円が多いそうです。

人探しにおける料金の内訳は交通費や宿泊費などの経費や調査員がどれだけ動員されているかなどの人件費が主な内訳になります。

遠方での調査を行うことになったり、深夜や早朝の調査を行った場合は別料金がかかることもありますので経費込み料金が記載されている事務所で依頼する際はどの範囲まで含まれるかなどを確認しましょう。

学生時代の友達など古い知り合いに久々に連絡をしようと思ったら連絡がつかなく他の友達に聞いても連絡先がわからないということがありました。

そこで行方不明者に関して気になったので調べてみました。

警察に届け出がある行方不明者は毎年8万人以上になり実際はその倍以上になると言われています。

自力捜索との大きな違いとして、とにかく機動力が大きく変わります。

どれくらい人員を使うかやプロから見た第3者の視点、地道な聞き込みや張り込みなどを行うことができます。

また、別のメリットとしては個人情報保護法の観点などから1週間以上経ってからの依頼では発見率に大きな違いが出るそうです。