不登校の子供をサポートする方法

不登校を克服する方法

不登校の定義

文部科学省では『不登校(正式には不登校児童生徒)』を、「何らかの心理的、情緒的、身体的あるいは社会的要因・背景により、登校しないあるいはしたくともできない状況にあるため年間30日以上欠席した者のうち、病気や経済的な理由による者を除いたもの」と定義されています。

 

不登校は20?30年程前から問題視され始め、その状況は未だにあまり変化がありませんが、「不登校は治すものではなく受け止めるもの」と正しく認識する人は増えているようです。

 

フリースクールなどの受け入れ施設も増加しており、取り巻く環境も良くなってきているといえるでしょう。

 

原因としていじめなどがよく挙げられるのですが、子どもの数だけ理由があるといってもいいほど千差万別なのです。

 

本人には確固とした理由があるわけですから、それに対して的確に対処できれば不登校は解消できるでしょう。

 

現在ではほとんどの人が前述のように認識されていますが、1988年には朝日新聞に掲載された記事で「登校拒否症」と病気扱いされた事があったのです。

 

記事では当時の研究グループの発表を引用し、「子どもを指導するだけでは問題解決にはならず、さまざまな治療法を取り入れ早期治療するべき」としているのです。

 

この記事で登校拒否は大きな話題となり、その影響から家族が病院に連れて行こうとしたり、学校が家庭に病院へ行くよう勧めたりという事態が各所で起こったと言われています。

 

当時は「子どもは学校に行くもの」という考え方が根強かった上、不登校に対する理解度の低さもあり病気という間違った認識に繋がったものと考えられています。


 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ